2016年9月11日日曜日

ブログを引っ越しました

年に何回も心変わりしている私です。

またまた、ブログをワードプレス内に移行しました。

このBloggerの更新は、コレで最後です。
Blogger内の記事も引っ越し済みです。

今後は http://goodsun.tv 内のブログへ投稿していきますのでお付き合いの程よろしくお願い致します。

PCやスマホの履歴が残っていると、しばらくこのブログにリロードされるかもしれませんがご了承くださいませ。

2016年9月9日金曜日

あれから7年が経ちました。

あの朝の事は今でも忘れません。
君のお父さんが電話をくれました。
落ち着こうと努力している話し方でした。

今まで経験したことのない悲しみが、僕を襲いました。
家内は僕の身を案じました、後追いするのではないかと。
でも、後追いする気にはなりませんでした。
残された者の悲しみを知ったからです。
置いて行かれて、初めて分かる悲しみってあるんですね。

昨夜会ったやんか、いろいろ話したやんか!
もう一度話がしたい、声が聞きたい。
もう話しも出来ない。
こちらの言葉や気持ちは届くのかな。
でも、君の声は聞こえないんだよ。

中学の同窓生で、学生時代はほとんど交わることがなかったけど、20代に再開して20年間は濃い付き合いでした。

泣き笑い語り合い、全てを晒し出し合える存在でした。
お互いに結婚と離婚を経験し、その時々でも悩み合いながら歩んでいました。

相棒が居なくなると寂しいもんですね。

現代では多くの方たちが、空への旅立ちを考えていると聞きます。
どうか、思いとどまって下さい。
悲しみや苦しみに対して、真剣に悩み過ぎないで下さい。

自然に任せて生きみましょう。
この世の流れに身を任してみましょう。
以外と他人は、貴方が考えるほど真剣に悩んでいません。

嫌な事からは逃げましょう。
少し力を抜いて楽になってみましょう。

自然に寿命が尽きるまで、生きてみませんか?


空の君へ、僕は生きてます。
またいつか会いたいな。

2016年9月7日水曜日

ウインドジャマーの効果は絶大だった

昨晩の動画で試したとおり、ウインドジャマーの威力はすごかったです。
本当は「モヘアテープ」でシンプルに対策したかったのですが、上手く行かないものですね。DMC-FZ300のマイク周りはテープを貼るスペースが狭く、幾重にも連ねて貼ることが出来ませんでした。カメラによってはモヘアテープで効果が出る場合もありそうなんですけど残念です。

撮影を始めて、このまま終わるわけにも行かないので、急遽ZOOM社のウインドスクリーン(モフモフ)を試した次第です。

さすがに専用の風対策用のパーツだけあって、効果は絶大でしたね!

見た目が凄すぎるので、毛足をカットするとか考えなければなりません。
あれだけ長いと、ズームを縮めた時にカメラに巻き込んでしまいそうです。

コメントにも頂いたのですが、100均のイヤホン用スポンジカバーも試してみます。これも上手く行けば見た目もシンプルでコスパが良さそうですね。

BOYA BY-C10ショックマウントでZOOM H1を付ければ?というアイデアも頂戴しました!
なるほど、これならH1をマイクにしても、タッチノイズを防げそうです。
ただ、H1はモニターケーブルや出力ケーブルのタッチノイズも影響するので、あくまでカメラにH1を付けて別録音するときに効力を発揮しそうですね。
H1の置き場に困らないという点では凄く助かるので検討してみます。価格的にもそれほど高くないですし(^^)

いやぁ、本当にコメントありがたいです。

こういうお試し的な動画は自分のためにやっているのですが、参考にしていただける方もいるかもしれませんし、気づいたことはやっていきます!
では、また~

2016年9月5日月曜日

撮影環境が落ち着きつつあります。

Panasonic LUMIX FZ300を旗艦として、あとは足りない部分をどう補うか、どう撮影するかというシンプルな思考で運営できそうです。

カメラを買い換えるのは楽しいのですが、撮影するための時間を機種選択や買い出しなどの時間に消費している自分がありました。

今思えば、なんと無駄な時間を過ごしてきたのか反省しております。
別に自分の時間だからかまわないのですが、いつの間にかカメラを選ぶことが主体の生活になっていました。

歳を重ねたせいでしょうか、以前ほど物欲がありません。まあこれは、あっと驚くような新製品が出現しないことも要因の一つだと考えています。
無理してでも買おう!なんて商品は滅多にないですね。

それだけ物が溢れかえっているのでしょう。

過去のことを言っても仕方ありませんが、80年代の新製品ラッシュは楽しめました。
世界初!世界最小最軽量!なんてコピーが溢れかえっていましたね。

最後にドキドキしたのはiPhoneです。残念ながらそれ以降はもう・・・。
ガジェット類は十分な性能を持ちました。
今はそれを使って、アイデアやテクニックで見せる時代なのかもしれません。

なんて、時々思ってますね。
完全におじさんだなww

要は時間を大切にしたいってことで、落ち着いて思考する時間がほしいのかもしれません。

ネット社会なので、寝ている間も情報が流れ込んできます。
朝起きればメールが溜まって、その処理から始まるのは何ていうか、バタバタしすぎの忙しい世の中です。

SNSを使っている数だけ世界が増えます。
24時間という長さは地球上の生活だけで丁度良いはずです。
それ以外の世界に使う時間は無いはずなのに、いくつもSNSの世界をまたいで走り回っているんですよね。

ただの連絡ツールが、今や別の世界として成長してしまいました。

ネットは便利なのだけれど、実社会が希薄なりつつあると感じる今日この頃です。

2016年9月2日金曜日

IIJmioの「通話定額オプション」開始

さて、9月1日からIIJmioの通話定額オプションが始まりました。

プランとしては3分以内と5分以内の2種類が用意されています。
いずれも回数は無制限なので、短い通話を多くされる方には良いのではないでしょうか。

私も昨日迄は、ワイモバイルのケータイで「スーパー誰とでも定額」というオプションを付けていました。
これは、通話時間も回数も無制限のプランで、基本プランによって月額1,000円もしくは1,500のオプションです。
私の場合はケータイプランで1,500円の追加料金でした。

「スーパー誰とでも定額」
http://www.ymobile.jp/plan/option/super_daretodemo/

でも、実際は1通話でそれほどの長電話はしなかったです。
それならばもうワンランク下の「誰とでも定額」に変更しようと思っていたところに、IIJmioの「通話定額オプション」開始のニュースが入ってきたのです。

8月3日予約開始ということで、即日申し込みしました。
そして、本日9月1日から通話定額がスタートしているわけです。

IIJmioの「通話定額オプション」の料金は使用回数無制限で、1通話3分以内で月額600円、5分以内で830円の2プランが用意されています。

「通話定額オプション」
https://www.iijmio.jp/hdd/voicefree/

3分というと少し短いような気がしますので、私は5分のプランを申し込みました。

月額830円の負担増となりますが、ワイモバイルの1,500円が無くなりますので、実際は月額670円負担が軽くなりました。

ワイモバイルのケータイプランは、少し電波が弱い印象がありましたので、IIJmioのDocomo回線の方が通話品質は良さそうです

さて、IIJmioの「通話定額オプション」は規定の通話時間を過ぎると、30秒で10円の通話料金が発生します。MVNO他社の通話定額もほぼ同様の料金体系ですよね。

あと、この料金は専用アプリ「みおダイアル」から発信動作したときにのみ適用されます。間違って標準ダイアラーで発信しないように注意しましょう。
「みおダイヤル」以外の「通話有料のダイアラー」は、ホーム画面から消しました。
IIJmioの今回のオプションサービスの開始はありがたかったです。
ほぼ気兼ねなく、仕事でも使うことが出来るようになりました。

でもでも実は一番嬉しかったのは、友達がIIJmioの番号にかけてくれるようになることです。

この電話番号には少し不吉な番号が入っているのですが、並びがすごく覚えやすいんですよ。

今までも友達とかにはこの番号を伝えていたので、最初はIIJmioにかけてくれるんです。
でも私がかけ直すときは「スーパー誰とでも定額」のワイモバイルからなので、次に友達の着信を受けるのはワイモバになっちゃうんですね。

別にかまわないじゃないか?

いえいえ、これが私にはすごく残念だったんです。
スマホのお気に入りの、着信音が鳴らないんですよ。



当然です着信しないんですから。



大好きな「宇宙刑事ギャバン」のオープニングテーマが聞きたい!
今回のIIJmioのオプションは、まさに神です!

[着信音/着メロ] 宇宙刑事ギャバン
http://amzn.to/2bZ1QOl

あ、すみません。ファンじゃない方にはどうでも良い話でした(^^;)

「宇宙刑事」の話をし始めると長くなるので、今日はこの辺でww